【読書】生き方に正解はあるのか?悩めるあなたへ。生き方にわからなくなったら読むお話『最高の生き方 ムーギー・キム』

読書

希様
希様

おはようございます!

ノゾミです($・・)/~~~

「あれ私、何で仕事してるんだっけ?」

「仕事してまでなぜ生きなければいけないのだろう」

「生きる意味って何だろう」

そんな疲れた、悩めるあなたへ贈る1冊。『最高の生き方』について解説していきます。

希様のこの書籍との出会いは本要約YouTubeの方の動画でした。

読み終わった瞬間、ぽちっと購入し、即読み切りました。

なんだか今まで腑に落ちなかった(ムダに悩んでいた)ことがスッと解決されていく感覚がありました。

今日もあなたの心が潤いますように。

結論:すべてに意味はなかった

ごめんなさい。しょっぱなで結論がもう出てしまいます。

そうなんです、すべてに意味はないのです。

そもそも生まれてきたことにもなにも意味はない。

愛されて育った人・片親の人・捨てられた人どんな人にも生まれてきた意味はないのです。

意味なんて考えられることは実は幸せだってこと気づいていますか?

考える暇さ・そして裕福さがあるのです。

どれだけ考えたくとも、狩猟時代のようにマンモスとの共存時代には考える間もなく危険と隣り合わせですし、貧困の国に生まれていれば、働くこと・明日も食べていくことで精いっぱいのはずです。

そう、生きる意味なんて考えられるのは裕福で暇な人だけなんです。

暇っていうのはあなたが暇っていう意味ではなく、先進国など技術やコンピューターの発達している便利な国ということですのであしからず。

つまり暇→時間がある→考える暇があるくらい生きていくのに不便がない→めちゃめちゃ日本人は裕福!という考え方ということ。

「貧困の国に生まれていれば」と表現しましたが、実はもう貧困の国って世界でもほんと少数しかないんです。『FACTFULNESS』を読むとわかりますが、極貧と分類される人類は世界全体のもはや2割しか存在しないそうです。

だから年々世界的に裕福になっているのです。

つまり、悩むことなんて何もないんです。

幸福の追求が不幸にする

ではなぜ人は悩んでしまうのか。

それはもう1択。「他人との比較」でしょう。

なぜ比較してしまうのか。

これは女子の人間関係でも解説しましたが、女性に関しては「選ばれる性」という生き方を古来してきたことに影響するものでした。つまり、「男性に選ばれることで生き延びてきた種族」ということです。

だから選ばれないことを男性よりも気にしてしまい、比較癖が付き、傷つき、嫌味を浴びせてしまいます。

そして、SNSの発達により、より一層比較癖のついた人間が増えたでしょう。

SNSはみなポジティブな投稿しか基本しません。

加工した顔写真・加工したスタイル・加工した景色・ブランド物。

すべて自分で買ったものか・本物か見分けも尽きません。でもあなたは信じて嫉妬します。

みんなからのいいねや支持に嫉妬します。これはもはや現代病でしょう。

これの解決策は1つ。

自分には限界があり、いずれ死ぬ。どれだけ努力しても報われないこと、他人に誤解されることは絶対あることを認識することです。

認めることとは「許すこと」。

できない自分を許す・誤解されることを許す・こんな世の中を許すのです。

また仏教のような考え方になりますが、基本人は「許せない」から、悩み苦しみ怒り悲しいのです。

じゃあもういっそのこと、許しませんか?認めませんか?

完璧でいるより、不完全な自分や不完全な世界を愛してあげた方が絶対楽。幸せには近いのです。

日本特有の幸福感

日本特有の幸福感、それは「必要とされること」です。

先ほどの女子の人間関係に出てきた「選ばれる」に似た表現です。

これはものすごくすごく危険。このために事の善意や価値観判断ではなく、集団に求められることを承認欲求のためにやってしまうことがあります。

この末路がオウム真理教でしょう。

教祖様に求められるため・協会のみんなに称賛されるために行うのです。

それが正しいと信じて。

集団バイアスといって、日本人は特に集団に求められることを大いに求めます。

みんなが動いたら動く、みんなが並んだら並ぶといった感じです。

もうこれは小学生からの学校教育がここまでの影響を与えていると私は考えています。

集団行動って種目の行進もあるくらいですからね。

みんなきれいに列を作るし、机も真っすぐ決められた位置に座る。

みんなと行動できない人は先生から叱られ、生徒からは仲間外れにされる。

これによりどんどん個性はなくなっていきます。実際希様もそうでした。

人と行動したり集団行動が苦手なのに、合わせなければいじめられるので取り繕う毎日でした。

本当に楽しかった学校の思い出は1日としてありません。学生時代の友人なんて1人もいませんよ。(笑)

世に出たら、「個性がなければ」生き残れないというのに。なぜそんな無意味な教育をするのでしょうか。

あなたがもし学生なら、ムダな友達付き合いなんか無視して個性を伸ばしてください。

必ず仕事でも世に出てから力となって帰ってきます。

1度なくした個性を取り戻すには時間がかかります。

どうしても人と同じでなければならないという固定概念を治すのはとっても難しいのです。

友人は社会に出てからでもいくらでも作れますし、世界は広いです。

同じ個性を持っている友人と出会えるかもしれません^^

集団バイアスにかかっている方は、それが本当に正しいことではないかもしれないということを念頭に行動しましょう。

正しさの答えはありません。「人による」が正解です。

多様性があるということを理解していないと、悪いことをあたかもこれは間違っていない正しいと都合よくすり替えてしまうずるい考え方が人間には備わっています。

多様性を認識する(個性)ことが幸福への近道となるでしょう。

まとめ:生きる意味はない。多様性を受け入れてもっと楽に生きよう

そうです。生きる意味はないのです。

多様性がある世界では比較する意味もないのです。

他人は他人。自分は自分。これが幸福における最大の近道です。

考える暇があるということは幸せです。あなたは裕福です。

もし働けなくなっても生活保護を受ければそれなりの生活ができるんです。

日本って最高に裕福なんですよ^^

世の中は「悲観的な報道」のほうが注目されるので多く取り上げられていますが、そんなことはないのです。どんどん世界は良くなっています。

ネガティブな情報を排除していいニュースをたくさん取り入れませんか?

希様は一切ゴシップを見ません。テレビもみません。

株をやるので日経電子版の新聞を軽く企業の話を読む程度。

たまーに耳に入ったりもしますがわざわざ探しません。

知っていても面白くないし。時間のムダでしょう?^^

デジタルデトックスもおすすめですよ。週末にぜひ↓

本日はここまで^^

まだ、Amazonオーディブル30日間無料キャンペーンは続いています^^

今なら1冊無料ですのでこんな得なことない!ぜひこれで今回のおすすめ書籍聞いてみてくださいね♪↓

今日も元気に笑顔で過ごしましょう^^

それでは!

希様
希様

冷静に 清浄に 心乾かすことなかれ

タイトルとURLをコピーしました